2035年10月13日

メニエール病について情報交換しましょう

このページはメニエール病についての情報交換の場です。
コメント欄をご自由にお使いください。


同じ病気で苦しんでいる方。
気持ちを共有してみませんか?

メニエール病についての情報を集めたいと思ってますので、
メニエール病についての体験談、質問、愚痴…、なんでも構いません。
気軽に書き込んでみてください。

書き込んでいただいたコメントについては誰が返信しても構いません。
知識をお持ちの方、気持ちを共有していただける方は
返信していただけると嬉しいです。

ただ、商用目的、誹謗中傷や他人を不快にさせるような内容だと管理人が判断した場合には
書き込みを予告なく削除させていただきます。ご了承ください。

2017年02月05日

横を向くとめまい

最近ちょっと困っている。

困っているといってもちょっとだけ。
大したことではないんですが。

1か月くらい前からでしょうか。
寝ながら横を向くと必ずめまいが出るようになったんです。

正面を向いて寝れば大丈夫です。
右か左を向くとぐら〜んと景色が揺れます。

何故だろう??

枕に頭をつけるとき、なんともいえない不安な感覚になります。
んで、横を向くと、ぐら〜ん。
慌てて反対側を向くと、そっちでもぐら〜ん。
おいおい、と思って正面向くと治ります。不安感も薄れます。

内耳で耳石が動いてるんでしょうか。

横を向くと耳石が流れて入っちゃいけない場所?に入るのかな。
正面向くと大丈夫なのがよくわかりません。

私は横を向いて寝るのが好きなので困るといえば困るんだけど、
ぐら〜んにも慣れてきて眠かったらグラグラしたまま寝ちゃうんで困らないといえば困らない。

でも症状は無いにこしたことはない。

早く治らないかな。
春になったら治るのかしら。

2016年08月22日

メニエール病 ただ今台風直撃中

いよいよ台風がやってきた。
さっきからメールが鳴りっぱなし。

1時間雨量が50mm超えただの、竜巻突風注意報だの。
こんな日は危なくて保育園へ送れないので仕事は休み。
ちょうど閑散期で人員調整していたのでちょうどよかった。
久しぶりに1日家でゆっくりできて嬉しいな。

今回の台風、中心気圧は975ヘクトパスカル。
中心付近の最大風速は35メートル。

そして、私の体調は。

頭痛は治まった。
吐き気もない。
だるさもなくなり、日常生活に支障はない。

しいて言えば、
耳の奥がほわ〜んとした感覚と、それに伴ってか頭がボーっとする。
耳鳴りはなし。詰まりもなし。

やっぱり私の場合、台風直撃中よりも接近中の方が体調が悪化するようだ。

皆さんはどうですか?
やはり台風でメニエールが悪化する人は多いのかな?

2016年08月21日

台風接近で頭痛

私はめったに頭が痛くなることはない。
風邪をひくのは喉からだし、考えてみたら頭痛薬って飲んだことがないかもしれない。

だけど、今日は朝から頭がぐわんぐわん痛い。
吐き気もするし、体が重くて何もする気にならない。

この感覚、前にも経験したことあるわ。
もしかして…っと、テレビをつけると、やっぱり!台風が接近していた。

メニエール病は気圧の変化に弱いというけれど、私の場合、台風が近づいてくると頭が痛くなる。
耳の詰まりはないし、ふらつきもないんだけれど、嫌な頭の痛さがやってくる。

仕方がない。
どうせ台風が過ぎたら治ることはわかっているのだから今日は一日ゆっくりしていよう。

2016年08月05日

ぐるぐるきたー!

久しぶりにぐるぐる発作がおきた。

出たのはやっぱり明け方。
前触れなし。

子どもの咳込みで、明け方目が覚めたら天井が回っていた。

うわー っと思ってぎゅっと目をつぶったけれど、景色を見なくても目の前が回っていることがわかる。
(大丈夫、大丈夫)と心で唱えて深呼吸してからまたそ〜っと目を開けてみた。

ぐ〜るぐ〜るぐ〜るぐ〜る

うわー まだ駄目かー

とりあえずどっち回りか確かめようと見てみると、右回りだった。
そういえば、いつも右回りだった気がするなぁ。
どっち回りかは患者によって決まっているのかしら。

そんなことを考えながら、今度は、景色はぐるぐる回転し続けるのか、それともゆりかごのようにゆらゆらしているだけなのか確かめることにした。

けど、凝視すると回転が酷くなりそうでなんとなくしか見えない。
…が、180度くらい回ったら元に戻り、また180度回る・・・を繰り返しているように見えた。

へー面白ーい など思い、もう一度目をつぶってみる。
しばらく目を瞑っていたら治るかもしれないから。

しばらくして、また開けてみると。
…うん。駄目だ。まだ回ってる。
けど、さっきより回り方がゆっくりになっているかも?

なんだか、このくらいなら寝れそうな気がした。

多分こんな時。
心の中で(どうしようどうしよう)と発作に慌てていると余計めまいは酷くなるんだと思う。

なので、2度寝することにした。
目が覚めたら治ってる と自分に言い聞かせて。
我ながらすごいと思う。本当にすぐ寝れた。

1時間半後、携帯のアラームで起きた時にはぐるぐるは治っていた。
でも、寝たまま顔を横に向けることはできない。
横に向けるとそのままぐら〜んと回りそうな気がするから。

いつもよりゆっくり体を起こして見えてる景色を確かめた。

もう回らない。大丈夫。

眩暈の原因は多分仕事と看病で疲れがたまっていたからだと思う。
子ども3人、順番に熱出したからね。

ゆっくり休む日をとらなくちゃ。
サボっていた水分摂取も頑張ろう。

2016年05月15日

水分摂取療法でメニエールのめまいは95%改善する

このタイトル、ビックリしませんか?

水分摂取療法とは、その名の通り、水分を摂取することでめまいを改善させる治療法です。

薬でも手術でもない、水分だけ。
ただ、一定量の水分を毎日摂取するだけです。

それで辛いめまいが改善されるんです。


本当でしょうか?



本当です!

少なくとも私はそうでした。

こちらが水分摂取療法を紹介した日刊ゲンダイさんの記事です。

水分摂取療法でメニエールのめまいは95%改善する

2014年の記事ですが^^;

まさに私がやっていた治療法が掲載されているのですが、今頃、こちらの記事を発見したのでリンクすることにしました。

ここには、

男性2〜2.5リットル 女性1.5〜2リットルの水分を毎日飲むことで、メニエールの症状が改善されると書いてあります。
122人を対象とした調査では、めまいを1回も起こさなかった人が95%にのぼったそうです。

注意しないといけないのは、腎臓や心臓に異常がある方です。
そのような方はリスクがありますのでこの治療はできません。

ですが、そうでない方にとっては、これは夢の治療法ではないでしょうか。

だって、必要なのは水だけです。

痛みもなく費用もかからない。
それでいて治療効果が抜群に高いのですから。

ネットでこの病気を調べていると、「メニエール病患者は水分を控えなくてはいけない」と真逆のことが書いてあるのをよく見ます。

もし。

もし、自分がしている治療が真逆のものであったとしたら??


興味のある方は上記のリンク先をご覧になってみてくださいね。

2016年04月09日

メニエールは明け方の発作が多い?

症状が悪化しやすい3月を乗り切った!と思ったら。

数日前の明け方、子どもの咳き込みに起こされ布団を掛けてあげようと横を向いたときに気がついた。

景色が回ってる。ゆっくりと。

うわー、久しぶりにきたー っと思ったけれど、同時にこういう発作は慣れてもきていて。

多分、(二度寝したら治るやつだろう)と思い、回る向きと時間だけ確認して後頭部の下に腕を入れ、高さを上げてから二度寝した。

・右回り
・5時半

30分後、目覚ましで起きたときにはもう景色は回っていなかった。

発作の原因はなんだろう?

季節の変わり目だから?
疲れがたまっているから?

こういう眩暈は明け方が多い気がする。今回は子どもに起こされたけどもしかしたら今までもそういうパターンが多かったかも。
自分のリズムではない状態で目が覚めると眩暈が出やすいのかな。
それとも、気づかないだけで明け方はよく眩暈が出ているのかしら。寝ているから気づかないだけ?

原因はよくわからないけど、今私はかなり忙しいのでそれが一因かな、という気がする。

夫の仕事のフォロー、上の子の学校の役員、下の子の保育園の送り迎えに加えて12年ぶりに仕事を始めたから。

なかなか休めないんだけど、水分摂取と夜の睡眠時間だけは確保するように気をつけているところ。

せっかく良い状態を保てているのだから、油断して生活リズムを崩さないようにしないと。

2016年03月11日

メニエールと3月 

私は3月が苦手です。
わりと安定しているメニエールの症状が3月になると悪化することが多いから。

今週も、うちの地域は月曜の最高気温が20度だったのに、今日はなんと6度です!
体がついていけないよ〜。
といっても酷い眩暈があるわけじゃないんですが。
でも、頭をきゅーっと締め付けられ、後ろに引っ張られるような感覚が続いています。こんな時は無理しないで仕事はゆっくり、家事もゆっくり。たまった洗濯物を眺めながら、3月だから仕方ないやと思っています。

日本の気候は、冬から春に移行するときの寒暖差が激しいけれど、今はまさにそのときで、私のように3月が苦手だという人は他にもいるんじゃないかしら。

あ〜、春が待ち遠しいな。

2015年02月17日

耳鳴り

今日は久しぶりに長い耳鳴りがあった。

キーーンと高い音が、どのくらいだろう。
2〜3分?

って、短いですね^^;

24時間、耳鳴りに悩まされてる方もいらっしゃるので、たかが2〜3分で何を言ってるんだと思われそうですが。

でも、私のメニエールは普段から耳の詰まりや耳鳴りが殆どないのです。

耳鳴りを感じるのは月に2〜3回。
キーンという高い音。たまーに、コポコポといった鼓膜が振動するような音。
時間にしたら10秒くらいでしょうか。

なので、今回の2〜3分というのは私にしては長い部類に入るんですね。

たったこれだけの時間で、いつ終わるのかと不安になりました。
24時間これに襲われている方はどんな生活になるんだろう。

2014年10月22日

メニエール病と女性ホルモン

今朝、生理がきた。

やっぱり!

昨日、発作が起きた原因はストレスだけじゃなく、女性ホルモンの崩れもあったのだと思う。
それから昨日から雨で気温がグッと下がっていることも影響してるだろう。

メニエールの原因は、
・ストレス
・気圧の変化
・脱水
・ホルモンのアンバランス

など、色々言われていますが、前にも書いたけど、私の場合、どれか一つだとあまり発作は起きません。

ストレス + 低気圧 とか、
脱水 + 生理 とか、
いくつかの要因が絡まって発作が起きるような気がしています。

今回は恐らく、
ストレス + 生理 + 低気圧
だと思う。

皆さんが発作が起きた時、考えられる要因はなんですか??
posted by まる at 14:57 | Comment(4) | TrackBack(0) | メニエール病 生理

久しぶりの発作

昨日、久しぶりに大きい発作がおきた。

明け方5時半。
目が覚めて天井を見るとゆら〜っと天井が回っていた。
ゆら〜っと景色が右に回転していて、ぐるぐるにはなってない。一歩手前のカンジ。
このまま横を向いたらぐるぐるになるであろうことがわかる。

頭を固定しながら治まるのを待ちつつウトウトしてた。

数分後、目覚ましが鳴り起きる時間。

家事と子どもの世話をしなければならないけど、歩くことすらままならない。
長男に自分の着替えと弟達の着替えを頼む。ゴミ出しも。

午前中はずっとぐらぐらしていて、少しでも頭を動かすと回転する気配を感じる。
怖くて壁をつたいながら歩いた。
オムツ替えもゆっくり、ゆっくり。
食器洗いもゆっくり、ゆっくり。

頭を動かすと一気にぐるぐる眩暈に襲われそうで怖くてたまらない。
今はマズイ。 大人は私しかいないのだから。
大きな発作が起きた時に備えて携帯は常にポケット。
動けなくなったら義母に子ども達のこと頼もうか?でも仕事してるだろう。
救急車?は無いな。乗ったところで眩暈はすぐ治まらないだろうし、子どもをどうすればいいかわかんないし。
最悪、隣の〇〇さん宅に助けを頼もうか。

こんな事を考えてると緊張して動機が早くなる。
吐き気が酷く、トイレでゲーゲー吐いた。
吐きながら、死ぬわけじゃないから大丈夫、と自分に言い聞かせる。

昼食は作れず、子どもにポップコーンとどら焼きを渡して済ませた。

昼寝は一緒に。
頭を枕につけるのが恐ろしく、枕を三重にして腕で頭を支えながら横になった。
「お母さん、枕を動かすと気持ち悪くなっちゃうから動かさないでね」と3歳の双子に頼む。
2人とも心配そうな表情で言うとおりにしてくれた。ごめんね、ありがとう。

こんな時、実家が近ければなーって思う。

2時間くらい一緒に寝て、起きた頃には眩暈は随分治まっていた。
15時には、ふらつくものの、なんとか普通に歩けるようになる。

酷いぐらぐらが続いたのは10時間くらいということか。

原因はたぶんストレス。
最近人生変わるくらいのでかい事件が起こったので。

ずっと大きな発作がなかったため、薬が手元になにもない。

久しぶりに病院へ行くことにした。
私の主治医は頻繁にメディアにも出ている人気の医師なので予約がなかなかとれない。
それでも症状を話すと一週間後には予約を入れることができた。

受診したらまた結果を更新します。

2014年07月18日

耳が詰まる 息苦しい

今日はなんだか息苦しい。
雨だから?忙しいから?

久しぶりに発作が出るような嫌な感覚だったから昨日はたっぷり寝たんだけれど。
9時間寝ても起きた瞬間からダルイ。

耳が詰まってる。
鼓膜がコポコポ鳴ってるような変な感覚。左耳の方が強い。

息苦しさが半端ない。
何度も深呼吸するけど効き目無し。

体の水分がずどーーんと下に落ちてくような妙なダルさ。

これ、ただの疲れとは違うよね。
ご無沙汰だったメニエールがきたのかな…。

この息苦しさをなんとかしたい。
家事は休み休みやってる。外出は諦めた。

もうすぐ長男が帰ってくる。
元気な笑顔で迎えてあげなくちゃ!

2013年11月14日

めまいは何故おきるのか?

メニエール病とは、めまいを伴う病気ですが、
そもそも、めまいとは何故起きるのでしょうか。

今日は、めまいが起きる仕組みについてです。

< めまいは何故おきるのか? >

めまいは何故おきるのか?

答えは、簡単に言うと、

三半規管に「耳石」が入りこむことで、誤作動をおこしてしまうから

です。

…といっても、ちょっとわかりにくいですよね?

もう少し詳しく説明してみます。

まず、
三半規管とは、内耳にある3つのチューブ状の管のことで
平衡感覚を司る器官です。

耳石(じせき)とは、カルシウムの固まりでできた小さな石のような組織で
三半規管と同じく、人間の動きを感知するセンサーです。
場所は、三半規管の入り口にあります。

私たちのバランス感覚は双方が正常に働くことで保たれているわけですが、
耳石は、老化やちょっとした衝撃などで、一部が欠けてしまい、
隣接している三半規管に入り込んでしまうことがあるんです。

三半規管の中にはリンパ液で満たされており、
その液の動きを「感覚毛(かんかくもう)」というものが感知しています。
体の動きが止まればリンパ液の動きも止まる。
それなのに、耳石が入りこむことで体の動きがとまっているのに
耳石だけゆら〜っと流れていくことになると、
刺激された感覚毛が誤作動を起こしてしまうのです。
posted by まる at 15:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | メニエール病 その他

2013年09月24日

メニエール病と子育て〜体験談〜

メニエール病と子育てについて。

「メニエール病だから子育てができないのでは?」
こう感じていらっしゃる方、多いと思います。

どうなんでしょうね?
メニエール病だと子育てはできませんか?

一概には言えませんよね。

だって、メニエール病の症状は千差万別。
天地がひっくり返るようなぐるぐる回転する発作が頻繁に起きる人もいれば
たまに耳が詰まるくらいの人もいる。

発作が酷くても、夫や両親、ご近所に助けてもらえる環境なら大丈夫かもしれないけど、
発作が軽くても、誰にも頼れない環境だったら辛いかも。

できるかできないかは、人によります。
正解は人によって違う。

なので、迷っている方は、
主治医に相談し、誰かの体験談を参考にしながら
自分だけの正解を見つけていくしかないと思う。

そこで、私の場合です。

私はメニエール患者ですが、
男の子3人を育てています。

下は双子です。
夫は寝かしつけ前に帰ってくることはありません。
両親は遠方で頼れません。
義両親は助けてくれますが仕事をしているので度々は頼れません。

メニエール病で困ったこと、あります。
何度もあります。

例えばですが。

子どもを自転車に乗せて買い物にでかけたけれど
人の流れで眩暈が誘発されてしまい、身動きとれずに途方に暮れたり、
子どもの鼻を拭いてやろうと屈んだら、
そのまま地面がひっくり返るような眩暈に襲われ転倒したこともあります。

幼稚園や学校の行事が苦手です。
人が集まると発作がでやすいから。


でも。

それでも、私は、子育てが楽しい。毎日が楽しい。
子どもが生まれてよかったと思っています。

子どもを連れて遠出するのは諦めました。
買い物はネットスーパー、散歩は何かあっても戻れる範囲のみ。

子どもには、
自分が病気であること。
動けなくなる時があるかもしれないけど、必ず元気なママに戻るから大丈夫なこと。
小さい頃から言い聞かせています。

学校行事は無理に参加していません。
人にどう思われようが関係ない。だって体が大事だから。


健康なお母さんと比べると自分はできないことが多くて
子どもが不憫に思えることがあります。

でも、子どもは病気のことなんて気にしていない。
スクスク元気に育ってくれてる。

それを見てると、
うちはうち。自分たちの楽しみ方をすればいいんだなって思えます。


あと、私は元保育士です。
子どもがもともと大好きです。

メニエールでも子育てを楽しめるのは
元々子どもが大好きで、保育の知識がそれなりにあることも大きいかもしれません。

2013年09月05日

メニエール病と出産〜体験談〜

メニエールと妊娠の次は、
メニエールと出産について。

メニエール病にストレスがよくないというのは有名な話ですが。

私は妊娠してから出産に至るまで、
結構なストレス因子がありました。

ちょっと箇条書きにするので見てみてください。



・赤ちゃんが双子と判明(双子は流・早産の可能性が70%。単胎と比較して周産期のリスクは8倍と言われてました)

・双子のタイプが一絨毛膜 二羊膜 と判明。(普通赤ちゃん一人につき胎盤は一つですが、私の双子は一つの胎盤を2人で共有するタイプ。1人が育ちすぎて1人が育たないなど、双子の中でもリスクが高いタイプでした)

・切迫流産になる(夜中に大量出血し病院に駆け込んだら絨毛膜下血腫と診断されました。)

・父が他界した(私は関東に住んでますが、父は関西。絨毛膜下血腫の出血が治まらない状態で急いで荷造りをし、新幹線で上の子と里帰りしました)

・3日で引っ越し準備をする(双子を育てやすい1階のマンションに引っ越すことに。上記のことがあったため出血治まらない状態で管理会社とのやりとり、段ボール詰めなどしてました)

・長男が休園することに(医者にこの状態で新幹線に何度も乗るのは危険。幼稚園は休園させ、出産まで実家で過ごすよう言われたから。急だったので手続き不十分で里帰り。里帰り先から幼稚園と色々やりとりしてました。)

・喘息を発症する(父の線香の煙、実家は昼夜の温度差が激しいので発症した様子。産婦人科と呼吸器内科、2つの科にかかることになりました)

・東日本大震災がおきる(まだ情報が偏っていたので関東に戻ってからの水、ミルクなど食材の確保。放射能問題を心配してました。)

・切迫早産で管理入院する(32週に入院。出産する36週までずっと24時間早産止めの点滴してました。)

・水腎症になってること判明(薬の副作用。出産すれば治るとのことでした)

・筋肉溶け出す。出産は帝王切開になる(薬の副作用が強くでてしまい、予定より早い出産となる。執刀医は研修医あがりで手術するようになってから3ヶ月しかない先生だったので不安でした)


以上です。
けっこうすごいでしょ?

不幸自慢のようになっていますが…。

何故、ここに書いたかというと、
「こんな状態の人でも出産できましたよ!」
と、お伝えしたかったからです。

薬は飲まず、指示されていた水分摂取も運動も殆どできない状態でしたが、
大きな発作に襲われることなく出産することができました。

ただ症状が何もなかったわけではありません。

耳が詰まる日、ふらつく日はちょこちょこあったので、
新幹線にのるときはホームの端を歩かないようにしたり
横になった状態から急に立ち上がらないようにしたり
それなりに注意はしてました。

産婦人科の医師には初めにメニエール病と伝えてから
特にメニエールについてどうこう指示されたことはありません。

あ、逆に「気をつけることはありますか?」と聞かれたけど、
でも特に思いつかなくて。

一つだけ手術前に、
ストレッチャーに横になった状態で運ばれると絶対眩暈が起きる気がする
とは伝えました。

結果、なんともなかったですが。

たまにグラッとふらつくことはあっても
ぐるぐる回転するような大きな眩暈は一度も出ませんでした。


何故でしょうね?


一つは、
メニエールの症状が休息している時期に妊娠したということが大きいと思います。

もし、発症直後の急性期に妊娠していたら。

無事に出産に至ったかどうかはわかりません。


それから、もう一つ。

「病は気から」といいますが。
これ、本当にそうだと思う。

妊娠中は色んなことがおこったけれど、考えても仕方がないことは意識的に考えないようにしてました。
うじうじ悩んで解決するなら一生懸命に悩むけど、でもそうじゃない。

どうしよう、どうしよう と思っていても、
出血を止めることはできないし、父の病は治らない。
双子の胎盤をもう一つ作ってやることもできないんです。


父に双子を見せてやれなかったんじゃない。
生きてるうちに双子の妊娠を報告できたんです。

早産になってしまったんじゃない。
早産でも無事に生まれてくれたんです。


そうやって思いを変換することで
過酷な状況でも私なりに楽しむことができていたと思います。

たくさん笑って、たくさんお腹の中の双子に話しかけていました。

2人が無事に生まれたときは本当に嬉しかった。



そこで本題。


「メニエール病でも出産できるのか?」


私は、人によると思う。

つわりがキツイ。嫌だ、つらいと毎日泣いて、出産が怖い、どうしようと悩んで悩んで。
そういう人は発作がおきやすいかもしれない。

つわりがキツくても、ラクな日に目を向けて
「今日はご飯が食べられた!」

出産が怖くても、赤ちゃんに目を向けて
「もうすぐ赤ちゃんに会えるんだ!」

こう思える人は、ストレスが少なく、発作はおきないのかもしれない。


私は
「メニエール病でも出産は大丈夫」
とは言えません。

でも、
「メニエール病でも出産できました!」
とは言えます。

これを書いている今、2歳の双子が側にいます。

とってもとってもかわいい双子。

あの時、妊娠をあきらめずによかったと、
私は心からそう思っています。

2013年09月01日

メニエール病と妊娠〜体験談〜

今日は、メニエール病と妊娠について、
私の体験談を書いてみようと思います。

私には子どもが3人います。
メニエールを発症したのは上の子が3歳のときでした。

発症直後は、歩けば体は左に曲がり、
下を向けばそのままぐらんと大きな眩暈に襲われ転倒。
横になりたくても体を倒すのが怖くて無理。
夜はソファに座ったまま寝ていたし、
医者にいくのも徒歩10分のその道中が怖くて、
ふらつく体を壁に手をついて支えながら、なんとか歩いている状態でした。

そんな私が治療をはじめ、たまにグラッとするものの、
なんとか普通の生活がおくれるようになってきました。

2人目を考えはじめました。

そして、授かったのがなんと双子!!
2人目、3人目が同時にやってきたのです。

正直、不安でした。

すぐに主治医に相談しました。

実は以前、妊娠してもいいか相談したときに、
「妊娠して悪化する人しない人、両方いる。せっかく症状が改善されているのだから妊娠はあと1年くらい待ったらどうか」と言われていたんです。

それが、いうこと聞かず妊娠したどころか、双子って(笑)

でもあのとき、私に不安はあっても後悔はありませんでした。

だって、一人目との年齢差、自分の出産年齢を考えたら1年待つなんて無理!って思ったし、
「あと一年待てば妊娠は大丈夫」って保証はないわけで。

主治医には、
「悪化する人、しない人は半々なんでしょう?私はしない方に入るから大丈夫。」
と話しました。

主治医は笑って
「なら大丈夫ですね。私も応援します」
と言ってくださいました。

そして治療方針が決まりました。

・薬は飲まない
・無理のない範囲での有酸素運動をする
・1日2Lの水分摂取をする
・妊娠中はもちろん、産後の人手を確保する

薬については、私はメリスロン、イソバイド、ともに効き目が弱かったので、
薬が無くても不安はありませんでした。

実際、妊娠中は「薬を飲みたい!」と思ったことは一度もありません。
逆に、症状が改善されていたような気がします。

これは私の場合だけかもしれないけど、
妊娠中って生理がとまりますよね?あれが良かったのではないかと。
もともと生理中に悪化するタイプだったから、なんとなくそんな気がしています。

それから妊娠によって血流がよくなったことも一因かと。
有酸素運動は双子妊娠で安静を支持されてたから全くと言っていいほどしていなかったけど、
運動しなくても、体の血の巡りがよくなっていたことははっきり自覚できていました。

メニエール病と女性ホルモンは、何らかの関わりがあるようですから、
この辺りの研究がもっと進んで、明確な回答を得られる日がくるといいなって思ってます。

次回はメニエール病と出産について書いてみます。

メニエール病と妊娠 医師の見解は?

このブログには、「メニエール 妊娠」という検索ワードで訪れる方が多いです。

メニエール病だけど妊娠しても大丈夫?
妊娠したけど、眩暈は酷くならないか?
育児はできるのか?

そんな声が聞こえてきそうです。
私も、不安で悩みました。

でも、メニエール病の専門である耳鼻科医。
妊娠、出産の専門である産婦人科医。

どちらに質問しても、
納得できる回答をしてもらうことは少ないと思います。

私が参考にしていた本には、
メニエール病と妊娠については、いくつか報告があるものの
はっきりしたことはわからない

と載っています。

4年前ですが、当時テレビでメニエールについて解説されていたほどの専門医であった私の主治医も、
メニエールと妊娠について質問したところ
わからない。産婦人科医に聞いてもわからないと答えるはず。
と言われました。

私達からすると、専門家から「こうしなさい」という回答が得られれば安心するけれど、
残念ながらそれは難しいようです。

ならば。

誰かの体験談を参考にするしかないですね。

では。

私の体験談を、書いておきます。

長くなるので次回に続く。

2013年05月02日

メニエール病 Q&A

ブログを運営していると、たまにメッセージ機能を使って
メニエールや育児の相談をいただくことがあります。

今日の記事は、Yさんからいただいたお悩みです。

私がわかる範囲で回答しているのですが、
他の方のお役にもたてるかなと思いましたので
こちらにも書き記しておきたいと思います。

Yさんは妊娠を希望されていますが、
メニエール病と妊娠との因果関係が解明されていないため、
不安になっておられる様子です。

以下、私とYさんとのやりとりです。
妊娠を希望されている方。
よかったら参考になさってみてください。
(*Yさんにはブログ掲載の件で了解を得ています。
快く承諾していただき感謝しています。)


Q まるさんは、妊娠中もしくは妊娠前近いところで、服薬していましたか??

A していませんでした。
私の場合、薬の効き目が弱かったし、薬を使わない治療法(水分摂取療法)を軸としていたので必要ないとの判断でした。



Q 静かな空間、寝る前にはかならず耳鳴りがあります。
もうひとつのblogで拝見したのですが、寝ようと布団に横になるとぐら〜んと回る感覚。
ただ、わたくしの場合、普段はそんなに回転性の目眩はおこらないんです。
このなりそうな感覚から、発作がひどくなること、ありますか??


A メニエール発症直後は酷くなっていました。枕に頭をつけるのが怖くて、ソファーで眠る日も…。
でも、今は横になるのが怖いときでも、ゆっくり体を倒すようにすると酷い発作に繋がることはありません。
回転性のめまいは、もう2年以上出ていないと思いますよ。



以上です。

私は医者でも専門家でもない、ただの患者です。
同じ病気を患っているものとしてお答えしているだけですが、
こういうパターンもあるよ?ということで
参考にしていただければと思います。
posted by まる at 14:50 | Comment(9) | TrackBack(0) | メニエール病 その他

2013年03月05日

メニエール病 発症時期

今日、夕飯を食べている最中。

座卓に座って、ふと隣の息子を見たら
そのまま目線の先の景色がふわぁ〜っと流れた。

やばい! っと緊張が走る。
こないで! っと思う。

机の端をつかんでバランスをとった。

落ち着かなくちゃ と深呼吸。

景色が流れたのは一瞬だけだった。

ほっとしてそのまま何事もなかったかのように
ご飯を食べた。

こういうこと、しょっちゅうあるけど、
最近増えてきた気がする。

家の引き渡しと引っ越し、転校が迫っていて忙しいからだと思うけど。

先生のあの言葉を思い出した。

「季節の変わり目。特に春に受診する人が多い」

そういえば、私が発症したのはちょうど今くらい。
たしか3月の頭だったと思う。

気になって
メニエール病と季節の関連性について調べてみた。


…関係ないらしい(笑)


見たのはこちらの
難病情報センター メニエール病

ここ、参考になりますよ。
メニエール病でまだご覧になったことが無い方。
よかったら覗いてみてくださいね。

2013年02月05日

メニエールと育児

久しぶりの更新です。

ごめんなさい。
メニエール病と妊娠について。出産について。
経験談を書こうと思っていたのに、なかなか時間がとれなくて…。

待っていた人(いる?)ごめんなさいね。

で、思いました。
リンクすればいいんだ!って。

実は、育児ブログ書いてるんです。
っていうより、そっちメインでアップしているので
なかなかこちらのブログまで手が回らないのが現状です。

「子育てなんでも情報館〜元保育士ママの育児日記〜」
こんなブログ作ってます。

ブログの中にメニエール病のカテゴリがあるので、
そこを見ていただくと、
メニエール病の私が、どんな風に子育てをしているのかを
お伝えできると思います。

大した子育てはしていませんが、
1人の体験談として読んでみてくださいね。