2009年04月10日

メニエール病、定期検査

今日は、メニエール病の定期検査で
△△大学病院へ行ってきた。

2月に大きな発作が起きてから、
有酸素運動を、ずっと真面目にやっている。

それがいいのか、最近は体調がいい。



〔症状〕

ぐるぐる発作は、2月以降でていない。
浮動性のめまいもない。
耳鳴り、耳のつまりはない。

疲れていると、たまにふらつくことはある。

薬は飲んでいない。



〔診察〕


・問診
・聴力検査
・血液検査
・尿検査
・足踏み検査(目をつぶって足ふみする)
・注視眼振検査(先生のペンの動きを目で追う)
・頭位眼振検査(特殊な眼鏡をかけて、頭を動かした時の眼振の様子をみる)


血液検査、尿検査の結果は次回(7月)に出る予定。



〔〇〇先生から〕

聴力、まったく正常!よくなっているから、自信持って下さい。


水は飲んでますか?(飲んでると答える)
運動はしてますか?(エンドレスラジオ体操とジョギングと答える)

本当は、水泳が一番いいですよ。

今、体調がいいのは、言われたことを守っているから。
水分摂取と運動を怠ると、必ず再発するので、
これは一生やってくださいね。




〔先生に質問したことと、その回答〕

Q 2月にぐるぐる発作があった。こういう発作で聴力は落ちないの?
A どういう発作でしたか?

…ここで、何故か勘違いして、ぐるぐる眩暈がしたけど、目をつぶったらすぐに治まったと答えてしまった。


先生; すぐに治まるならメニエールの発作ではない。

私 ; ぐるぐる天井が回ってたのに?回るのは、メニエール発作だと思ってましたが。

先生; 正確に言うと、メニエールに付随する〇〇〇(聞き取れず)発作。でも、その発作で聴力が下がることはない。
聴力が奪われるのは、立っても座っても、何してても、ず〜〜っと大きな眩暈が起きてる状態が20分以上続くこと。あなたの場合は耳の詰まりや耳鳴りが無いでしょう?聴力に関係するときは、耳が詰まるはず。


Q妊娠しても、セファドール、イソバイドは飲んでもいい?
Aそれはやめた方がいい



〔薬〕


上記の理由から、今回は無し。





〔感想〕

ぐるぐる発作が起きたとき、(また聴力が奪われる!)って怖かったけど、一概に、ぐるぐる発作=聴力下がる とは言えないことがわかった。
それから、有酸素運動の大切さを改めて感じた。
先生は、患者に水泳をすすめている手前、自分もスイミングに通いはじめたそうだ。
いい先生に恵まれて、ラッキーだと思う。