2010年06月16日

めまいをおこす主な病気

先日、
NHKの今日の健康で、
めまいに関する特集をしていました。


大変参考になったので、
まとめてメモ書きしておきます。



まず。

めまいをおこす主な病気について。


めまいが起きるということは、
脳に異常があることもありますが、
殆どは、耳の病気だそうです。


で、耳というのは、
外耳、中耳、内耳、と分かれているわけですが、
めまいの病気は、主に、内耳が原因なんですって。


内耳の構造って、ご存知ですか?



輪っか状の三半規管に、
かたつむりのような形をした蝸牛、
その奥には、前庭神経がついていますね。

この、三半規管、蝸牛、前庭神経にトラブルが起きると、
めまいが起きてしまいます。


そして、
めまいを起こす、
おもな病気は、この3つ。

・良性発作性頭位めまい症
・前庭神経炎
・メニエール病



です。


それぞれの病気の特徴や、
診断基準も紹介されていたので、
次回、書いていきますね。



>>>良性発作性頭位めまい症
>>>前庭神経炎
>>>メニエール病
>>>めまいの病気 診断基準 見分け方

2010年06月27日

良性発作性頭位めまい症について

メニエール病に似た病気に、
良性発作性頭位めまい症があります。

良性発作性頭位めまい症とは、
三半規管に異常があるとおこる病気で、
めまいの中では、この病気が、一番多いようです。


< 特徴 >

・頭を動かした時に、めまいがおきる
・回転性のめまいがおきる
・吐き気を伴う
・耳鳴り、難聴は伴わない


良性発作性頭位めまい症のめまいは、
じっとしてればおきないのに、
朝、起き上がった時や、屈んだ時、寝返りをうった時など、
頭を動かしたときに、めまいがでるのが特徴です。

回転性のめまいなので、吐き気を伴うことが多く、
耳鳴り、難聴はありません。


< 原因 >

耳の中には、耳石器(じせきき)というところがあり、
そこには、耳石(じせき)というものがあるのですが、
これが、なんらかのきっかけで、
三半規管に入り込んでしまうことで起こります。

三半規管は、体の回転を感知するところです。
そこに、耳石がはがれて入りこむと、
誤作動がおきてしまいます。
すると、体の回転を正常に感知することができなくなり、
めまいがおきてしまうのです。

耳石が、どうしてはがれるのか、
詳しい原因は、わかっていません。

ただ、60代〜70代の女性に多いことから、
加齢や、女性ホルモンが関係しているのではないかと言われています。

閉経による、女性ホルモンの変化によって、
カルシウムの代謝が悪くなると、
耳石を留めている部分が弱くなって、
はがれやすくなるのではないか、
という考え方もあるようです。


< 対処法 >

・浮遊耳石置換法 
・薬物療法
(抗めまい薬・抗不安薬など)
・運動療法 


浮遊耳石置換法とは、寝た状態で、
頭や体を動かして、三半規管に入り込んだ耳石を、
元に戻す方法です。

運動療法は、予防を兼ねて、
自宅で行うことができます。

やり方は、こうです。

@ベットの真ん中に座り、右側に体を倒し、横になります。
そのまま、1分待ちます。

A体をおこし、反対側に同じように倒れます。
また、1分待ちます。

B @Aを、3回ほど繰り返します。


慣れてないうちは、体を倒すことで、
めまいがおこるかもしれませんから、
夜、寝る前に行うのがいいようです。

また、最初はゆっくり、
慣れたらスピードアップするといいみたいですよ。


< 予防 >

この病気は、長時間パソコンに向かっているなど、
頭を動かさない状態が続くと、再発しやすくなります。
日頃から、頭や、体を動かす習慣をつけるといいようです。


>>めまい診療のコツと落とし穴
>>内耳・内耳道