2010年10月19日

普通に横になれる喜び

夜、布団に横になり、
ふと気がついた。


私、普通に横になってる!!


健康な人なら、意味不明かもしれません。
メニエール病の方なら共感してもらえるかな?


私、布団に横になるのに、
ちょっとした勇気が必要だったのです。

枕に頭をつけると、
グランと、部屋が揺れることがあったから。

頭を動かすことでめまいが誘発されるのでしょう。
メニエールというより、
良性発作性頭位めまい症の症状なのかもしれませんね。


だから、横になるときには、
頭を枕につけるまで、
ゆっくり、ゆっくり動いてたのに、
気がついたら、
普通にパタンと寝るようになっていました。


最近、本当に調子がいい。


起きてるときに、
グラッとふらつくことも無くなっている。

このまま安定してくれるといいなぁ。

posted by まる at 23:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | メニエール病 体勢

2010年10月23日

妊娠しました。

生理が遅れているので検査薬を使ったところ、陽性が出た。


やったーー!!
ヽ(≧▽≦)ノ



まだ超初期なので油断は禁物ですが…。

でも、ずっと望んでいたので嬉しいです。
次の検診で、先生にも報告しないと。

メニエール病と妊娠については、
情報が少なく、以前先生に、
「妊娠しても大丈夫か」と質問したところ、
「わかりません」と言われました。

メニエール病を抱えて妊娠した人の医学的データが少ないようで、
ハッキリしたことが言えないのだとか。


でも、このブログ、
「メニエール病 妊娠」というキーワードで訪れてくださる方が、
けっこういるんですよね。


データが少ないなら、私が例になればいい。

メニエール病でも、順調に妊娠、出産ができるんだと、
1人の例として、立証したいなって思います。


とにかく、この妊娠が継続しますように。
赤ちゃん、無事に大きくなりますように。

2010年10月25日

メニエール病の仕組み

メニエール病とは、どんな病気なのでしょうか。

今日は、メニエール病の仕組みについてです。


< メニエール病 仕組み >

メニエール病は、内耳にある、
三半規管と蝸牛に異常が起きることで発症します。

蝸牛とは、どんな器官なのでしょうか。

蝸牛とは、形は、かたつむりのような渦巻状です。
その渦巻きの部分を、スパッと切った断面を見てみると、
そこには、外リンパ液と、内リンパ液という2種類のリンパ液が入っています。

メニエール病になると、そのうちの内リンパ液が、どんどん溜まっていき、
水ぶくれのような状態になります。
そうすると、外リンパ液と内リンパ液を区切っている膜が圧迫され、
耳が詰まったような感じになります。

さらに大きくなると、区切りの膜が破れて、
内リンパ液と外リンパ液が混ざってしまいます。

そうすると、三半規管や蝸牛の感覚細胞が刺激され、
激しいめまいや難聴が出てくると考えられてるそうです。


*参考 NHK今日の健康

内リンパ液が溜まる原因は?

メニエール病は、内耳にある、内リンパ液がたまり、
水ぶくれのようになることで発症しますが、
では、内リンパ液が溜まる原因は何なのでしょう?


< メニエール病 内リンパ液は何故溜まる? >

内リンパ液が溜まる原因は、
残念ながら、今のところハッキリ分かっていません。

ですが、ストレスや疲労が大きく関わっていると考えられています。
ストレスや疲労により、ホルモンのバランスが崩れて、
尿が出にくくなり、体内に水がたまることで、
同時に、内リンパ液もたまりやすくなるということ。

ストレスをためない生活をするよう、
無理なスケジュールをたてず、睡眠をしっかりとって、
適度な運動を心がけるといいのでしょうね。


*参考 NHK今日の健康