2010年11月26日

メニエール病定期検査 最終日

定期検査で△△大学病院へ。



〔 最近の症状 〕


ずっと調子がよく、ぐるぐる発作は全くない。

寝ていると、景色がゆら〜っと動いたり(30秒くらい)
足を踏み出したときに、グラッとすることはたまにあるが、
日常生活に不便はない。

耳の詰まりはおきていない。

耳鳴りは、高い音の「きーん」というのが、
週に1回、あるか無いか。

耳鳴りは、10秒以内で治まり、連続性はない。

ストレスも特に感じていない。




〔 診察 〕


・問診
・聴力検査
・足踏み検査(目をつぶって両手を前に出し足ふみする)
・注視眼振検査(先生のペンの動きを目で追う)
・頭位眼振検査(特殊な眼鏡をかけて、頭を動かした時の眼振の様子をみる)



〔 〇〇先生から 〕


聴力は、正常。
順調だと思う。


最近どうですか?
→ 双子を妊娠したと伝え、妊娠で悪化することあるか尋ねる。

(双子を妊娠したので)排卵誘発剤を使ったりした?
→ 使っていない。自然妊娠で双子と答える。

妊娠とメニエール病の関連性は、まだ詳しくわかっていないが、
私は、女性ホルモンが影響するパターンがあると考えている。
不妊治療で排卵誘発剤を使った直後に、メニエールの症状が悪化して、
誘発剤をやめたら元に戻ったという症例をいくつか診ているし、
生理前に症状が悪化する人もいるから。
女性ホルモンがメニエール病と関連してるとしたら、妊娠によるホルモンの変化で、
悪化する可能性はありますね。


→ そういえば、私も生理中に悪化すること多い。
でも、私の場合は、悪化するのは生理中で、生理前では無いのですが。

女性ホルモンが崩れるのは生理の前。
生理中に悪化するのは、生理による出血が影響してるのかもしれません。
生理中は出血している状態でしょう?体の水分が失われると、抗利尿ホルモンが増えますから。


→ では、私の場合は、女性ホルモンが原因の発作はないってこと?じゃあ、妊娠しても影響がないかもしれませんね。

そうですね。あなたの場合は、聴力もずっと正常だし、大丈夫そうですけどね。
ただ、妊娠で悪化した人もいるから何ともいえませんが。


→ 妊娠して悪化した人、そうでない人。どっちが多いの?

難しいですねー。両方いますから。半々くらいかな?


→ 産科の先生に伝えた方がいいことはありますか?

女性ホルモンとメニエールの関連とか、産科の先生は絶対知らないからねぇ。
一応、メニエール病だということは伝えた方がいいけれど。


→ 私がたまに感じるめまいは、数十秒で治まる小さなものだけ。夜中に目が覚めると、ゆら〜っと揺れてることはあるが、すぐ治まるなら良性発作性のめまいなんでしょう?なら、メニエールの目眩は1年以上出ていないことになるが、もう治ったと考えたらいけないの?

メニエールが完治したという定義が難しいのですが…。
あなたはもう、メニエールの素因を持っているので、今、上手に付き合っていても、ストレスが溜まったり環境の変化で、また大きな発作が起きる可能性は十分あると考えてください。
このまま、メニエールが起こりにくい生活を続けていれば発作はおきないけれど、環境が悪く変われば、症状が、ぶり返す、ということ。


→ ということは、産後の寝不足などが原因で、悪化することはありえますよね?

そういうことです。育児を手伝ってもらえる人はいますか?なるべく周りに協力してもらってください。


→ 里帰り出産をする方向で考えてみます。
産後、数ヶ月は睡眠不足になるのは仕方がないと思っている。それで悪化したとしても、育児が物理的に睡眠がとれるようになって、水分摂取や運動を今まで通りに出来るようになったら、また薬なしでも自分次第で回復できるってことですよね?

そうですね。ただ、一度発作が起きると、いくつかの感覚細胞が壊れているはず。なので、発作の回数を抑えることが大切ですよ。



〔薬〕

妊娠中のため、処方なし。



〔感想〕

今回で、〇〇先生の診察は最後となった。

もう症状が安定してるのと、メニエール病と上手く付き合うコツみたいなものが、
私に出来上がってきてるから。
それと、妊娠を機に入ろうと思っている保健の関係もあって、定期的な診察は最後にしてもらった。

今後は、何かあればその都度通院、ということになる。



長かった定期検査も、今日で最後。

〇〇先生には、本当にお世話になった。
細かい質問を投げかける私を嫌がらず、いつも丁寧に答えてくれた。

診察の最後には、必ず、
「順調ですよ」「頑張って」
こちらが前向きになるような言葉を一言、かけてくださった。

毎回、診察室のドアを出るときに一言くださるので、
先生の中で、心がけていることなのだと思う。

患者に対する愛情を感じる。

最後、もっとキチンと、今までのお礼を伝えたらよかったな・・・。


この記事へのコメント
まるさん、初めてコメントさせていただきますけろこと申します。
まずは、双子ちゃんの妊娠、おめでとうございます。
私もめまいに悩む一人で、検査をいろいろしていますが、メニエールとは断定できず、特発性めまいという病名がついています。私の話が参考になるかはわかりませんが、私も生理前後で悪化することが多く、生理にびくびくしていました。女性ホルモンが関係しているという医師のお話があったようですが、私は、妊娠中は生理がなく女性ホルモンが安定しているせいか、めまいはほとんどなくかなり体調は安定していましたよ。ただ無理をするとすこーしめまいが出たり、おなかが張ってウテメリンという薬を内服したときだけ、激しいめまいがありました。産科の先生は、ウテメリンとの因果関係を否定していましが・・・。確かに産後の寝不足対策はたてておいたほうがいと思いますが、上にお子さんがいらっしゃるのなら、慣れていますかね。
ちなみに私は、寝不足もめまいの引き金になることが多いので、特に睡眠時間には注意しています。それでなんとか二人子どもを出産して育てています。
ところで、そのお世話になったお医者さまはどちらの病院か教えていただくことはできませんか?今、私も都内の大学病院で通院は続けていますが、女性ホルモンとの関係はあまりわからないと医師からいわれているもので、まるさんの先生は気になります。よかったらお願いします。お体を大切にしてくださいね。
Posted by けろこ at 2010年12月08日 22:11
けろこさんへ

はじめまして。コメントありがとうございます。

生理で目眩が悪化する方は、けっこういるみたいですね。
でも、けろこさんは妊娠中も安定していたとのこと、そういう話を聞くとホッとします。

睡眠不足は、私も目眩の決定的な原因になると思っています。
なので、日頃からたっぷり睡眠をとるようにしてるんですが、産後が今から心配です。
今回の妊娠で悪化するとしたら、産後の睡眠不足だと思うんですよね…。

私が通っている病院の情報についてですが。
お伝えすることは構いませんが、こういうブログで公開していいものか分からないので、ブログには掲載しないことにしてるんです。

連絡先を教えていただくことは可能ですか?

けろこさんのアドレスを教えていただければ、メールでお伝えすることはできますので、よかったら、こちらまで連絡ください。
maru_ny72@yahoo.co.jp
Posted by まる at 2010年12月09日 08:27
はじめまして。
妊娠おめでとうございます☆

私もメニエール病をもっている19歳の女です。
自分の抱えているメニエール病についてまだまだ知らないことが多く、又、来年の4月から働くのですが不安でいっぱいです。

まるさんの日記を読み、これからたくさん勉強させて頂きます!!

では、突然失礼しました。
お体大切に元気な赤ちゃんが生まれることを願っています(^ω^)♪
Posted by しー at 2010年12月18日 17:12
しーさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。

メニエール病、辛いですよね。
私は幸い、症状が軽いのと、発症直後に専門の先生に診ていただくことができたので、今は普通の日常生活を送ることができていますが、発作が頻発する時期は本当に辛かったです。

しーさん。どうぞ、メニエール病と上手く付き合ってくださいね。
この病気は、「治そう!」と思うより、「上手く付き合おう」と思った方がいいです。

お仕事を始めると、色んなことがあると思いますが、頑張りすぎずに、疲れた時は、手を抜いてくださいね。

ブログ、参考にしていただけると嬉しいです。
また、いつでも遊びにきてくださいね(^^)
Posted by まる at 2010年12月19日 11:09
まるさん、こんにちわ。
行き違っていましたら申し訳ありませんが、まるさんのメールへ連絡先を送信しました。届いていますでしょうか。
もし届いていなければ再送しますので、教えてください。
Posted by けろこ at 2010年12月19日 20:11
けろこさんへ

メール、拝見しました。
お返事しましたのでご確認ください(^^)
Posted by まる at 2010年12月20日 08:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170752394
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック