2010年11月26日

メニエール病定期検査 最終日

定期検査で△△大学病院へ。



〔 最近の症状 〕


ずっと調子がよく、ぐるぐる発作は全くない。

寝ていると、景色がゆら〜っと動いたり(30秒くらい)
足を踏み出したときに、グラッとすることはたまにあるが、
日常生活に不便はない。

耳の詰まりはおきていない。

耳鳴りは、高い音の「きーん」というのが、
週に1回、あるか無いか。

耳鳴りは、10秒以内で治まり、連続性はない。

ストレスも特に感じていない。




〔 診察 〕


・問診
・聴力検査
・足踏み検査(目をつぶって両手を前に出し足ふみする)
・注視眼振検査(先生のペンの動きを目で追う)
・頭位眼振検査(特殊な眼鏡をかけて、頭を動かした時の眼振の様子をみる)



〔 〇〇先生から 〕


聴力は、正常。
順調だと思う。


最近どうですか?
→ 双子を妊娠したと伝え、妊娠で悪化することあるか尋ねる。

(双子を妊娠したので)排卵誘発剤を使ったりした?
→ 使っていない。自然妊娠で双子と答える。

妊娠とメニエール病の関連性は、まだ詳しくわかっていないが、
私は、女性ホルモンが影響するパターンがあると考えている。
不妊治療で排卵誘発剤を使った直後に、メニエールの症状が悪化して、
誘発剤をやめたら元に戻ったという症例をいくつか診ているし、
生理前に症状が悪化する人もいるから。
女性ホルモンがメニエール病と関連してるとしたら、妊娠によるホルモンの変化で、
悪化する可能性はありますね。


→ そういえば、私も生理中に悪化すること多い。
でも、私の場合は、悪化するのは生理中で、生理前では無いのですが。

女性ホルモンが崩れるのは生理の前。
生理中に悪化するのは、生理による出血が影響してるのかもしれません。
生理中は出血している状態でしょう?体の水分が失われると、抗利尿ホルモンが増えますから。


→ では、私の場合は、女性ホルモンが原因の発作はないってこと?じゃあ、妊娠しても影響がないかもしれませんね。

そうですね。あなたの場合は、聴力もずっと正常だし、大丈夫そうですけどね。
ただ、妊娠で悪化した人もいるから何ともいえませんが。


→ 妊娠して悪化した人、そうでない人。どっちが多いの?

難しいですねー。両方いますから。半々くらいかな?


→ 産科の先生に伝えた方がいいことはありますか?

女性ホルモンとメニエールの関連とか、産科の先生は絶対知らないからねぇ。
一応、メニエール病だということは伝えた方がいいけれど。


→ 私がたまに感じるめまいは、数十秒で治まる小さなものだけ。夜中に目が覚めると、ゆら〜っと揺れてることはあるが、すぐ治まるなら良性発作性のめまいなんでしょう?なら、メニエールの目眩は1年以上出ていないことになるが、もう治ったと考えたらいけないの?

メニエールが完治したという定義が難しいのですが…。
あなたはもう、メニエールの素因を持っているので、今、上手に付き合っていても、ストレスが溜まったり環境の変化で、また大きな発作が起きる可能性は十分あると考えてください。
このまま、メニエールが起こりにくい生活を続けていれば発作はおきないけれど、環境が悪く変われば、症状が、ぶり返す、ということ。


→ ということは、産後の寝不足などが原因で、悪化することはありえますよね?

そういうことです。育児を手伝ってもらえる人はいますか?なるべく周りに協力してもらってください。


→ 里帰り出産をする方向で考えてみます。
産後、数ヶ月は睡眠不足になるのは仕方がないと思っている。それで悪化したとしても、育児が物理的に睡眠がとれるようになって、水分摂取や運動を今まで通りに出来るようになったら、また薬なしでも自分次第で回復できるってことですよね?

そうですね。ただ、一度発作が起きると、いくつかの感覚細胞が壊れているはず。なので、発作の回数を抑えることが大切ですよ。



〔薬〕

妊娠中のため、処方なし。



〔感想〕

今回で、〇〇先生の診察は最後となった。

もう症状が安定してるのと、メニエール病と上手く付き合うコツみたいなものが、
私に出来上がってきてるから。
それと、妊娠を機に入ろうと思っている保健の関係もあって、定期的な診察は最後にしてもらった。

今後は、何かあればその都度通院、ということになる。



長かった定期検査も、今日で最後。

〇〇先生には、本当にお世話になった。
細かい質問を投げかける私を嫌がらず、いつも丁寧に答えてくれた。

診察の最後には、必ず、
「順調ですよ」「頑張って」
こちらが前向きになるような言葉を一言、かけてくださった。

毎回、診察室のドアを出るときに一言くださるので、
先生の中で、心がけていることなのだと思う。

患者に対する愛情を感じる。

最後、もっとキチンと、今までのお礼を伝えたらよかったな・・・。

2010年08月01日

メニエール病 定期検査

定期検査で△△大学病院へ。



〔 最近の症状 〕


相変わらず、ぐるぐる発作は一度も出ておらず、
たまに、疲れてるとグラッとする程度で落ち着いてたが、
先日、大きな発作がおきた。

といっても、ぐるぐる回転はしなかったし、
直前に飲んだ抗生物質の副作用の可能性もあり、
よくわからない。

耳の詰まりはおきていない。

耳鳴りは、高い音の「きーん」というのが、
週に1回、あるか無いか。

耳鳴りは、10秒以内で治まり、
他の体調不良はないので、
日常生活に問題はない。

ストレスは、ずっと感じていなかったが、
実父が末期がんで余命数ヶ月と告知され、
ここ数日、癌の本を読み漁っている。

ストレスを感じ初めているところ。

薬は飲んでいない。




〔 診察 〕


・問診
・聴力検査
・足踏み検査(目をつぶって両手を前に出し足ふみする)
・注視眼振検査(先生のペンの動きを目で追う)
・頭位眼振検査(特殊な眼鏡をかけて、頭を動かした時の眼振の様子をみる)



〔 〇〇先生から 〕


聴力は、正常。
前回の血液、尿検査でも異常はなかった。
水は飲んでいるようですね。

最近どうですか?
→ 父のことと、先日大きい目眩(というより動悸)があったことを伝える

メニエールの発作の可能性もありますね。
初診から2年が経ち、症状が落ち着いているので、
通院は症状が強くなったらでいいと思っていたが、
もう少し、定期検査に通ってもらった方がいいかもしれません。
→ そうします、と答える。

薬はどうしますか?
→ 先日のこともあるから迷っているが、飲んでも効き目を感じないし、
妊娠も考えているので必要ないと思う、と答える。



〔 先生に質問したことと、その回答 〕


Q ぐるぐる回転する酷い目眩はずっと出ていないが、先日は、動悸がすごかった。これもメニエールの発作になるの?こういう時にも薬は飲んだ方がいい?

A 分からないけど、恐らくメニエールに関係する発作ではないか。薬は、本当は飲んだ方がいいと思う。


Q 薬は飲んでも症状の緩和を感じることは無く、逆に喉の渇きが酷くなる。ストレスを感じたら水を多く飲んだり、運動することで、対応しちゃ駄目?

A それでもいいと思う。妊娠のこともあるし、今回は薬無しでやってみましょう。何かあったら、すぐに受診してください。




〔薬〕

上記のことから、処方なし。



〔感想〕

先日の発作がが無ければ、今回で〇〇先生の診察は最期になっていたのだろうか。
入院したときには、「最低2年は定期検査を受ける」と説明を受けた気がするけど…。

父の話をしたときに、先生の表情が変わったのがわかった。
メニエール病患者には、こういうストレスの影響が大きいのだ。

なるべく薬には頼りたくないし、せっかく良くなっているのだから、
あまり考え込まないよう、感情をコントロールしていこうと思う。

2010年04月28日

メニエール病定期検査

定期検査で△△大学病院へ。

3月に受診するつもりが、
忙しくて遅れてしまった。


〔 最近の症状 〕


前回の12月の検査から、
ぐるぐる発作は一度も無し。

忙しかったり、焦ってたりすると、
グラッとすることはあり。

グラッとすることが多い場面が、
エレベーター、エスカレーターから降りたとき、
急に振り向いたときなど。

一瞬「おっとっと」となるが、
すぐ治まる。


耳鳴りは、たまに(月に2〜3回)。
耳の詰まり、全くなし。


薬はずっと、飲んでいない。




〔 診察 〕



・問診
・聴力検査
・足踏み検査(目をつぶって両手を前に出し足ふみする)
・注視眼振検査(先生のペンの動きを目で追う)
・頭位眼振検査(特殊な眼鏡をかけて、頭を動かした時の眼振の様子をみる)
・血液検査
・尿検査



〔 〇〇先生から 〕



聴力は、正常。

水は1,5リットル以上飲んでますか?(飲んでると答える)

耳鳴り、耳の詰まりはありますか?(耳鳴り少し、詰まりはないと答える)

いい状態ですね、とのこと。




〔 先生に質問したことと、その回答 〕


Q ぐるぐる回転する眩暈は無いものの、疲れていると、グラッとすること多い。これは、メニエールのせい?

A 多分そうだと思う。メニエール病に付随する症状の可能性が高い。



Q ぐるぐる回転する眩暈は、もうずっと出ていない。メニエールは耳に水腫ができるんでしょう?水腫が無くなったってこと?

A (絵に描いて、すご〜く詳しく教えてくれたけど、難しくて半分くらいしか理解できず。耳の中のリンパ液を分ける壁があり、ぐるぐる眩暈が起きてるときは、その壁が膨らんだ状態(水腫)。眩暈が治まると、膨らみがなくなる(今の私の状態が多分そう)。でも、それで治ったわけじゃない。一度膨らんだのだから、健康な人ならピーンと貼ってる壁がぶよぶよしている状態だろうから、無理するとまた膨らんでその刺激で眩暈がでる…)


たぶん、こんな感じの説明だった。




それから、最近の調子を聞かれ、
子どもが入園して、忙しく疲れてると伝えると、
幼稚園の役員などは、やらない方がいいと言われた。

今年、引き受けたわけじゃないんだけど、
来年の役員決めのときは、
診断書を書くから、絶対やめた方がいい、と言われる。

普通の人が、10個のストレスに耐えられるとしたら、
あなたは、3個なんだから、

みたいな事を言われた。
なるほどー。
無理してやろうか迷ってたけど、やらなくてよかった。


役員をして悪化した人がいるのか聞くと、
そういう人は、多いですよ、 とのことだった。



発症から、ちょうど2年が経ったので、
血液、尿検査をすることになり、
この日の診察は終了。



〔薬〕

妊娠を望んでいるため、処方なし。



〔感想〕

先生と話をして、自分が、よくなってきたからと調子に乗っていたことに気づいた。
ぐるぐる眩暈が無い状態が続くと、もう治ったんじゃないか、
水分摂取も、有酸素運動もしなくていいんじゃないかって思えてくるけど、
そうじゃない。

この病気は治らないんだから。
難病なんだから。



次の診察は、7月。
そのときに、血液、尿検査の結果を聞く予定。

2009年12月12日

メニエール病 定期検査

定期検査で△△大学病院へ。



〔症状〕

前回の9月の検査から、
ぐるぐる発作は一度も無し。

たまに、ゆら〜っとすることはあり。

耳鳴り、たまに。
耳の詰まり、なし。

気になる症状としては、頭重感、肩こりだが、
これは、メニエールと関係あるのかよくわからない。

薬はずっと飲んでいない。


〔診察〕


・問診
・聴力検査
・足踏み検査(目をつぶって足ふみする)
・注視眼振検査(先生のペンの動きを目で追う)
・頭位眼振検査(特殊な眼鏡をかけて、頭を動かした時の眼振の様子をみる)



〔〇〇先生から〕

聴力は、正常。

水は飲んでますか?(最近、減っていると答える)
それは、絶対駄目。(だって寒いからと答える)
寒かったら、熱いお茶でもいいのだから、
最低1,5リットルは飲むように。
水分をとることは、他の病気の予防にもなるのだから、
頑張って飲んでください。


耳鳴り、耳の詰まりはありますか?(ないと答える)



〔先生に質問したことと、その回答〕

Q メニエールは気圧の変化に弱いが、雨から晴れ、晴れから雨、どちらが悪化するの?

A 自分の後輩が、こんな実験をした。市内の患者さんにアンケートを依頼して、症状が悪化した日を書いてもらった。そして、その日と、天気(気圧)の移り変わりをグラフにしたものとを照らし合わせてみた。
すると、気圧が上がり始めたところ(雨から晴れに移り変わってすぐのとこ)が、比較的、悪化する人が多いことがわかった。
ただ、これはまだ、学会で発表されていません。


Q 私の症状は、軽い方?

A かなり軽い方です。


Q 何故よくなったの?

A 早くに治療できたからではないでしょうか。この病気は、メニエール病とわかるまでに時間がかかることが多い。早くに治療ができれば、その分、回復も早くなるのでしょう。


Q これだけぐるぐる発作が少なくても、まだこういう検査は必要?いつまでやるの?

A うちの病院では、最低2年は3ヶ月毎に通ってもらっている。メニエール病患者さんの中には、「もう来なくてもいいですよ」と言われると不安になる方もいるから、2年過ぎたら、5ヶ月後なり、半年後なり患者さんの症状に合わせて決めていく。



〔薬〕

妊娠を望んでいるため、処方なし。



〔感想〕

この日は雨で、久しぶりに強い頭重感があり、あまり質問できなかった。
先生と話して、改めて水分摂取と、運動の必要性を感じた。
ずっと調子がいいからと、この2つを怠ると、面白いくらいちゃんと(?)悪化する。
寒いと喉は渇かないし、運動も億劫になりがちだけど、眩暈が出た方が、もっと面倒なことになるのだから、これからしっかりやっていきたい。



次の検査は、3月。

2009年09月26日

メニエール病、定期検査

定期検査で△△大学病院へ行ってきた。



〔症状〕

前回の7月の検査から、
眩暈が出たのは、3回。

いずれも、すぐ治まった。

耳鳴り、耳のつまりはない。
疲れていると、たまにふらつくことはある。

薬は、上記の発作時に、2回飲んだ。



〔診察〕


・問診
・聴力検査
・足踏み検査(目をつぶって足ふみする)
・注視眼振検査(先生のペンの動きを目で追う)
・頭位眼振検査(特殊な眼鏡をかけて、頭を動かした時の眼振の様子をみる)



〔〇〇先生から〕

聴力は、正常。

水は飲んでますか?(飲んでると答える)
耳鳴り、耳の詰まりはありますか?(ないと答える)
よくなっているので、この調子で頑張って下さい。



〔先生に質問したことと、その回答〕

Q 前回の受診から今回までの眩暈は、全て2〜3分で治まった。これは、メニエールの発作ではないの?

A それは、メニエールに付随する良性発作性頭位めまい症だと思う。


Q じゃあ、メニエールの薬を服用しても効果は無いの?

A ないかもしれませんね。あれ(メリスロン・セファドール)は、メニエール…内耳に効く薬だから。耳が詰まってる時には効くんだけど、あなたはそうじゃないでしょう?良性発作性頭位めまい症は、小さい石が〇〇に浮いてて、その関係で起こるもの。メニエールとの関連性については、まだ研究段階でハッキリしたことは言えません。


Q そうなると、私は、もう1年以上、メニエールの発作は出てないことになるが?

A そういうことです。


Q 良性発作性頭位めまい症の発作が出たら、どうすればいい?薬は意味無いんですよね?

A 荒療治だけど、わざと眩暈を起こす治療がある。だいたい、起きたり寝たりしたときに起きますよね?わざと、寝たり起きたりを繰り返すんです。不快症状は続くけど、それを繰り返すことによって、慣れさせるという治療法はありますよ。


Q メニエール病は、私のような30代前半の患者は少ないの?

A 一番多いのは40代の女性。近年のストレス社会で、幅広い年齢層…それこそ、10代で発症した子も診ているが、全体的に女性が多い。2対1で、女性の患者さんが多いですね。


先生には、他、流産したことも伝えた。


〔薬〕

メニエールの発作は殆ど出ないであろうこと、まだ1週間分残りがあることから処方なし。



〔感想〕

メニエール病と、良性発作性頭位めまい症の違いがイマイチ分からない。
先生曰く、この違いを説明すると、すっごく時間がかかるらしい。
とりあえず、ぐるぐるした眩暈が長時間に渡りずっと続くのがメニエールで、すぐ治まるのは良性発作性頭位めまい症と覚えておいたらいいのだと思う。

あと、先生に毎回、耳の詰まりと耳鳴りの有無を確認される。
メニエールの症状は、この2つが大きいみたいだ。


次の検査は12月。
タグ:メニエール

2009年04月10日

メニエール病、定期検査

今日は、メニエール病の定期検査で
△△大学病院へ行ってきた。

2月に大きな発作が起きてから、
有酸素運動を、ずっと真面目にやっている。

それがいいのか、最近は体調がいい。



〔症状〕

ぐるぐる発作は、2月以降でていない。
浮動性のめまいもない。
耳鳴り、耳のつまりはない。

疲れていると、たまにふらつくことはある。

薬は飲んでいない。



〔診察〕


・問診
・聴力検査
・血液検査
・尿検査
・足踏み検査(目をつぶって足ふみする)
・注視眼振検査(先生のペンの動きを目で追う)
・頭位眼振検査(特殊な眼鏡をかけて、頭を動かした時の眼振の様子をみる)


血液検査、尿検査の結果は次回(7月)に出る予定。



〔〇〇先生から〕

聴力、まったく正常!よくなっているから、自信持って下さい。


水は飲んでますか?(飲んでると答える)
運動はしてますか?(エンドレスラジオ体操とジョギングと答える)

本当は、水泳が一番いいですよ。

今、体調がいいのは、言われたことを守っているから。
水分摂取と運動を怠ると、必ず再発するので、
これは一生やってくださいね。




〔先生に質問したことと、その回答〕

Q 2月にぐるぐる発作があった。こういう発作で聴力は落ちないの?
A どういう発作でしたか?

…ここで、何故か勘違いして、ぐるぐる眩暈がしたけど、目をつぶったらすぐに治まったと答えてしまった。


先生; すぐに治まるならメニエールの発作ではない。

私 ; ぐるぐる天井が回ってたのに?回るのは、メニエール発作だと思ってましたが。

先生; 正確に言うと、メニエールに付随する〇〇〇(聞き取れず)発作。でも、その発作で聴力が下がることはない。
聴力が奪われるのは、立っても座っても、何してても、ず〜〜っと大きな眩暈が起きてる状態が20分以上続くこと。あなたの場合は耳の詰まりや耳鳴りが無いでしょう?聴力に関係するときは、耳が詰まるはず。


Q妊娠しても、セファドール、イソバイドは飲んでもいい?
Aそれはやめた方がいい



〔薬〕


上記の理由から、今回は無し。





〔感想〕

ぐるぐる発作が起きたとき、(また聴力が奪われる!)って怖かったけど、一概に、ぐるぐる発作=聴力下がる とは言えないことがわかった。
それから、有酸素運動の大切さを改めて感じた。
先生は、患者に水泳をすすめている手前、自分もスイミングに通いはじめたそうだ。
いい先生に恵まれて、ラッキーだと思う。

2009年01月23日

メニエール病、定期検査

今日は、メニエール病の定期検査の日。

△△大学病院へ


〔症状〕


ここ最近は、特に酷い症状出ていない。
ぐるぐる発作、なし。
耳の詰まり、なし。
耳鳴り、たま〜に。

眩暈は、
歯医者で、治療中の椅子がグイ〜ンと、上下した時
電車で、外の景色を目で追っていた時
など。ちょっとしたことで、たまある程度。

〔診察〕

問診 聴力検査 目をつぶって足ふみ50回(あまりずれないので10回くらいでやめた) 眼振チェック(先生の指を目で追う めがねをかけて頭を上下左右に倒す)  


〔〇〇先生から〕

聴力検査の結果は正常の範囲内。良くなっている。
前回の血液の検査も異常なし。水を飲んでいるのがわかった。

今も水は飲んでますか?(最近飲んでないと答える)
絶対駄目。水分は必ず、2リットル(最低1.5リットル)以上
飲むようにして下さい。

運動はしてますか?(してないと答える)
週に1回でもいいからして下さい。
水泳がいいけど、無理ならジョギングでもOK。
汗をかくくらいにやらなきゃ駄目。



〔先生に質問したことと、その回答〕

Q 今の症状は、メニエール患者の中では軽い方?
A 軽い方。


Q 相変わらず、生理中に悪化する。ホルモンの関係と聞いたが?
A ○○(聞き取れず)ホルモンとの関係は、まだ学会で認められたわけではない。でも、僕はそう予想しています。


Q 妊娠を望んでいるのですが?
A あと1年待ったら駄目ですか?

……今回、一番、聞きたかったのが、この質問。
今、生理中に悪化するような状況なので、妊娠すると、
眩暈が頻発するのではないかと心配だったのだ。
で、質問してみたら、えーーーっと、苦笑いされてしまった。

やはり、妊娠が悪影響になる人はいるらしい。
でも、妊娠は強く望んでいるので、粘って詳しく聞いてみたら、
具体的に教えてくれた。

今、先生の患者は500人。

その中で、似たような症例の人は5人。
その中の、

一人は、不妊治療中の人。ホルモン注射をした途端に眩暈が悪化し、不妊治療を中断した。
一人は、子どもがいない人。旦那さんは子を望んでいるが、本人は、もうあの眩暈は経験したくないとのことで、妊娠を拒否している。
一人は、オーストラリア人。問題なく妊娠、出産した。
一人は、日本人。問題なく、妊娠、出産、母乳もあげている。
もう一人は、忘れた、とのこと。


要は、
問題なく妊娠、出産できる人もいれば、そうでない人もいる。
症例が少なく、はっきりしたことがわからない。

という事だと思う。

〇〇先生は、慎重派で、石橋を叩いて渡る性格であるらしく、
今、せっかくいい状態になっているから、
この状態を長く続けた方がいい
との意見だった。
せめて、あと1年待ったら駄目ですか?とも言われた。

でも、私は今、33歳。
年齢的に、余裕があるわけでもなく、1年待って治るならいいけれど、
治らない難病なのに、待ってみて、結果、
子どもに恵まれないのは辛い。
できるなら、今すぐにでも欲しい。

と、伝えた。


すると「患者さんの意思は大事にしないとね」とのことで
了解…というか、わかってくれたみたい。




〔薬〕

まだ残りがあるのと、飲んでも効果が薄いのでもらわなかった。



次の検査は、4月、とのこと。

2008年10月24日

メニエール病 定期検査

今日は、メニエール病の定期検査の日。

△大学病院へ


〔症状〕

ここ最近は、特に出てない。
疲れたときに、たまに浮動性のめまいが出るくらい。
ぐるぐる発作は、ここ2〜3ヶ月出ていない。

〔診察〕

問診 聴力検査 目をつぶって足ふみ50回(あまりずれないので10回くらいでやめた) 眼振チェック(先生の指を目で追う めがねをかけて頭を上下左右に倒す) 血液検査 尿検査 


〔N先生から〕

聴力検査の結果は正常の範囲内。良くなっている。
水は飲んでますか?(飲んでると答える)
3ヶ月ごとに、ホルモンの動きを診たいので、
今日は、血液検査と尿検査もして下さい。
次回、結果を伝えます。

水分は、これまで通り、1.5〜2ℓは摂るように。
それから、水泳をするといい。
泳ぐときには、手足が心臓と同じ高さになるので、
血流がよくなる。
手足をバタバタ動かす事で、指先の末梢神経まで刺激がいくから、
血流がよくなり、内耳にどんどん血を送ることができる。
週に1回でもいいから、するといい。

小さい子どもがいるので、スイミングに通うのは難しい。
今は症状が軽いし、走ったり、自転車に乗るだけでは駄目か?
と聞いてみると、「では、それで妥協しましょう」とのこと。

先生は、前にも水泳の良さをおっしゃっていた。
メニエール病の治療には、水泳がよっぽど効果をあげてるのだと思う。


〔先生に質問したことと、その回答〕

Q 病気を発症してから、喉が渇くようになった。これもメニエール病の特徴?
A そんなことは無い。間接的に関わりがあるのかもしれないけれど…。でも、喉が渇くのなら水分を採りやすいのだから、それはいいことですね。血液検査の結果を診ても、他に重大な病気が隠れてるとは思えませんよ。


Q 酷い発作はでなくなったけど、たまに、エレベーターや、エスカレーターを降りたときに、床が沈むような感覚になることがある。すぐ治るのですが、これも、メニエールの発作?
A それは、違うと思う。その症状は、内耳とは違う部分で出るのかもしれない。


Q 浮動性のめまいがでたら、イソバイドを飲むようにしてるが、服用すると、喉の渇きが酷くなる。また、めまいも改善されてないような気がするので、1日でやめてしまうのですが…。
A とりあえず、3日続けて飲むようにしてみて下さい。それで改善されないようなら飲まなくていい。


Q イソバイドが効かない人もいるの?
A そういない。耳は詰まりますか?(詰まらないと答えた)本来、イソバイドは、耳の詰まりに有効な薬。
次回から、イソバイドは液体から粉末に変えてみましょう。処方箋は同じだけど、薬局で選べるようになった。

〔薬〕

まだ残りがあるので、もらわなかった。



●診察の後は、血液と尿を検査に出して帰ってきた。
今、メニエールの発作は殆どでておらず、
たまに、めまいがしても、すぐ治るので、
日常生活には支障がない。
だから、来いと言われなければ、
こうやって、病院に行く事もないだろう。

だから、診察代や、検査代が、
もったいないような気になる。
今日の検査も、領収書を見たら、
治療費ではなく、研究費に入っていた。

でも、大学病院で、メニエール病を研究している先生に
診てもらえてるのだから、仕方が無いことだとも思う。

次の検査は、1月。
元気になっても、ちゃんと経過を見てもらおうと思う。

それで、メニエール病の研究がもっと進んで、
少しでも、よくなる人が増えればいい。
難病でなくなればいい。

2008年06月20日

退院後、初めての診察

今日は検査入院後、初めての診察日。

△大学病院へ

〔症状〕

耳が詰まった感じ
たまに耳鳴り


〔診察〕

問診 聴力検査 目をつぶって足ふみ50回(あまりずれないので10回くらいでやめた) 眼振チェック(先生の指を目で追う めがねをかけて頭を上下左右に倒す) 


〔先生から〕

前回の、『精密総合平衡機能検査』は、眩暈の原因が
頭からくるものか、耳からくるものかを調べてた。
私の場合、やはり内耳からの眩暈で間違いない。

聴力検査の結果は正常の範囲内。良くなっている。

入院時に調べた血液検査の結果、抗利尿ホルモンは
一日の中で、22時に多くでていることがわかった。
⇒でも、自分では夕食後、19時前が体調悪いと感じていたので、その旨聞いてみたら、これは入院時の数値だから、普段はその時間帯なのかもしれない、との回答。
具合が悪くなる時間が決まっているのなら、その2時間前くらいに水分を多く摂るといいらしい。

状態は良くなっているから、次は9月に来てください。

とのこと。

時期が空くので、薬は一応、処方されたけど、
調子が良ければ飲まなくてもいいらしい。

〔先生に質問したことと、その回答〕

Q 薬は何故続けて飲んだらいけないの?
A 浸透圧?(よく聞き取れず)が下がりすぎるから。2〜3日飲むくらいが丁度いい。

Q 生理中に発作がでること多い。何故?
A メニエール病に関係する○○ホルモンが、女性ホルモンと相互作用がある。排卵時や、生理中に状態が悪くなる人は時々いますよ。

Q 他に発作がでやすい条件あれば、教えて欲しい
A メニエール病は、気圧の変化に影響されることがわかっている。
春先に発症する人は多いし、台風が近づいてると発作がおきることも。

Q 子どもと自転車に乗ってもいいか
A それは自己責任で。お勧めはできない。


〔薬〕
・イソバイド
・セファドール 

●最近調子がいいとは感じていたけれど、聴力が戻ってきたようで安心した。
次の診察、9月までに大きな発作がでても、すぐに治まれば受診はしなくていいみたい。
このまま症状が落ち着きますように。

2008年06月16日

精密総合平衡機能検査

今日は、△大学病院にて、
『精密総合平衡機能検査』を受けてきた。

検査にかかった時間は1時間20分。
費用は4000円ちょっとだった。

すごく怖い検査だと聞いていて、身構えてたけど、
そうでも無かった。
でも、お年寄りには、キツイ検査だと思う。

やったこと。

・画用紙に自分の名前を書き、次に目隠しをして上からなぞる

・一点を見つめたまま1分間立つ。目をつぶってまた1分間。

・電話BOXのような機械の中に入っての検査。
 床や壁が動くようになっており、上下左右に動かした時の状態を見る。目隠しをして床を動かしたり…。
 倒れないように、ベルトを着用してやった。

・目の周りに電極をつけて、座った状態で眼球の動きを診る検査。
 椅子の周りは壁で囲ってある。その壁に動く点がでてくるので、その点を上下左右に目で追う。
 目隠しした状態で頭を上下左右に倒す。
 縦に等間隔に並んだラインがでてきて、それを追う。←この検査が一番怖いと思う。
 ずっとラインを目で追うと、椅子が回っている感覚になり、眩暈が誘発されてしまう。事実、途中でクラッとした。


疲れたけど、発作がでることは無く、無事終了してよかった。

2008年05月13日

大学病院でメニエールと診断される

未だ浮動性の眩暈が続く。

△大学病院へ

〔症状〕
・めまい
・吐き気
・頭が重い
・耳が詰まった感じ
・耳鳴り

〔診察〕
問診 聴力検査 目をつぶって足ふみ50回(左にずれた) 鼻・耳を診る 眼振チェック(今も眩暈が出てると言われる) 

〔N先生から〕
メニエール病で間違いない

『このまま発作が続くと、耳が聞こえなくなっていく。最終的に50デシベル(会話をえっ?っと聞き返すくらい)まで下がる人が多い。メニエール病の原因はまだわかっていないが、最近の研究でホルモンが大きく関係していることがわかった。ホルモンの動きを見ながら検査入院して治療していきましょう。来週、入院して下さい』
とのこと。

小さい子どもがいて、すぐの入院は無理と伝えるが、次の発作がいつくるかわからないから早めがいいとのこと。
その場で夫に連絡。無理矢理休みをとってもらい入院することになる。

〔薬〕
・イソバイド
・セファドール 
食後30分に、この2つをセットで飲む、とのこと。


●説明を聞いたら、難病になったという自覚が湧いてきて、入院する不安もあり、待合室で発作が出てしまった。
ぐるぐる発作ではなく浮動性眩暈と酷い動悸、喉の渇き。
何とか歩けるけど倒れそうで怖い。
診察待ちで座っている椅子から、向かい側にある診察室に入るまでが、すごく怖い。
ほんの数メートルなのに、立ったら転倒してしまいそう。
いや、座っていることすら困難で、
(今、自分は背もたれに寄りかかり、足はしっかり床についてる。転ぶわけがない)
と、ひたすら自分に言い聞かせる。

結局、怖くて歩くことができず、
トイレには車椅子で移動し、ベッドで2時間休ませてもらった。
セファドール・イソバイドを特別に院内処方してもらい、服用すると少し落ち着いた。

5/20〜2泊3日入院予定となる。

2008年05月07日

眩暈治まらず、耳鼻科へ

やはり症状治まらない

近所の耳鼻科へ

〔症状〕
・めまい
・吐き気
・頭が重い
・耳が詰まった感じ
・耳鳴り

〔診察〕
問診 聴力検査

〔先生から〕
△大学病院で検査するように

『多分、メニエール病だと思うが、そのわりには左右の聴力のバランスが悪くなく、正常の範囲内。ここではこれ以上の検査はできず、メニエール病と言いきれないからメニエール病専門の〇先生に診てもらった方がいい』

紹介状をもらい、来週診てもらうことに。

〔薬〕
イソバイド

2008年04月22日

内科から、耳鼻科へ転院

一度治まったと思いきや、
最近また体調悪化してきた。

〔症状〕
・右耳が詰まった感じ
・歩くのが困難
・頭が重い
・口内炎
・疲れやすい

近所の耳鼻科へ

〔診察〕
問診 聴力検査 目振チェック


メニエール病でしょうね
との診断。

〔先生から〕
『一度メニエール病の薬を飲んでみて下さい。10日後にまた来て』
とのこと。

〔薬〕
イソバイド

2008年03月29日

メニエル日記

めまいがずっと治らない。

近所の耳鼻科へ

〔症状〕
・めまい
・疲れやすい
・吐き気
・頭が重い


〔診察〕

問診 耳・鼻を診る 目をつぶったまま足ふみ50回 聴力検査 鼓膜に圧をかける検査 血圧測定(126)

『検査の結果、右耳の聞こえが悪い 左右のバランスがとれず、めまいがでているのでは?
メニエール病の疑いもあるけれど・・・。
疲れ、ストレスが影響してるかもしれないから1週間くらい休めば治ると思う。治らなければまた来て下さい』
とのこと。

〔薬〕
メリスロン

2008年03月14日

内科へ検査結果を聞きに行く

今日は検査結果を聞きに行く日。

近所の内科へ

やはり脳の病気が心配。もう一度聞いてみることにする。

〔症状〕
・めまい
・動悸
・頭が重い
・疲れやすい

〔先生から〕
『血液検査の結果は問題なかった。脳の損傷だったら、黒目がふれたり、まっすぐ歩けない等、他の症状がでるはず。
なんらかの事情で、脳へ血液を送ることが不安定になってるのでは?』

もう少し様子を見て、
めまいが治らなければ、耳鼻科へ
動悸が治まらなければ、内科へ 

といわれる。

●脳に異常が無いようで安心したけど、はっきりした原因わからず気持ち悪い。
家に帰って『家庭の医学』を見てみた。
最近ストレスが溜まっているから、心療内科へ行った方がいいのかもしれない。
もしかして、自律神経失調症!?

2008年03月07日

メニエール病で内科へ 初診 

どんどん症状が悪化している。
今まで経験したことのない酷いめまい。
脳の病気かも…。
病院へ行くことに。

近所の内科へ

〔症状〕
・めまい 
・立ちくらみ 
・吐き気 
・頭が重い 
・疲れやすい

〔診察〕
低血圧症だろう 
『脳の病気なら、真っ直ぐ歩けなかったり物がうまく掴めなかったりするはず。
一応、重大な病気が隠れていないかの血液検査をするから1週間後にまた来て下さい』
とのこと。

問診 血圧測定(80 103) 血液検査 目の動きを診る 

●血液検査のとき、椅子に座ったが、そのまま倒れそうな感覚に襲われる。
ベットに横になった状態で、血液をとることになった。
針を刺され、血を抜かれた途端、ぐるぐると酷いめまい。
家にいたときと同じ。ぐるぐると回転している。
そのまま動けなくなり、治まるまで休ませてもらうが
2時間経っても治らない。
仰向けになると、天井がぐるぐるまわっており、横を向くと酷い吐き気。
看護婦さんが、足を高くしてくれたが全く効果なし。


〔薬〕
・ジヒデルゴット
・アデホスコーワ腸解錠60
・メニタジン